フィンジアの定期コースは本当にお得?

1.フィンジアには危険な副作用があるの?

 

育毛剤にもいろいろな種類がありますが、中でもフィンジアは副作用がなく安全性が高いと言われています。
フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルが有効成分であり、副作用の危険が高いと言われるミノキシジルにとって代わるものとして研究され始めたものです。
そのためミノキシジルを有効成分とする育毛剤に比べて安全であることは言うまでもありません。
危険な副作用があるとされる成分にはミノキシジルのほかにもプロペシア、フィナステリドなどがありますが、これらの成分と比較してもフィンジアは非常に安全性が高く、韓国などではまつ毛美容液などにもフィンジアの有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルが配合されたものも販売されているようです。
キャピキシルとピディオキシジルという成分は併用することでより効果を発揮することが様々な研究から明らかになっています。

 

ここでミノキシジルとプロペシア、フィナステリドの副作用について確認しておきたいと思います。
ミノキシジルが男性型脱毛症の原因「5αリアクターゼ」を抑制し育毛を促す効果があることは実証されています。
しかし問題は副作用です。
ミノキシジルの副作用としては、低血圧や多毛症、肌荒れ、性的障害、ほてり、眠気、頭皮のかゆみ、脂漏性皮膚炎など様々なものが挙げられます。
実際使用した人の中には、「育毛効果を得るために1年間頑張って使用したものの、頭皮のかゆみが激しくあまり効果を実感できなかった」という人もいるようです。
フィナステリドとプロペシアは基本的には同じものですが、これも「5αリアクターゼ」を抑制し育毛を促す効果のある成分です。
しかしミノキシジルと同様、やはり副作用があります。
フィナステリド(プロペシア)の副作用としては、精力低下やED、精子数の減少、赤ちゃんの先天性異常、うつ病、肝機能障害、倦怠感、じんましんなどが挙げられます。
副作用の重篤さからか、実際に効果を実感しているのは使用した人のおよそ2%とも言われています。

 

このように育毛剤の成分にはいろいろな種類がありますが、それほど効果を実感できないのに副作用があるフィナステリドと、それなりの効果は実感できるものの副作用があるミノキシジル、そして効果もそれなりに実感でき副作用もないキャピキシル、一体あなたならどれを選ぶでしょうか?
おそらくキャピキシルを選ぶ人が大半ではないでしょうか。
フィンジアはキャピキシルが5%も配合されているという実にすぐれた育毛剤であり、これほど多くのキャピキシルが配合された商品は他にありません。
育毛剤を選ぶなら、是非フィンジアをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.フィンジア育毛剤、使い方は?

 

ここでは育毛剤「フィンジア(FINJIA)」の使い方についてご紹介したいと思います。
使い方はいたってカンタンです。

 

まず朝と晩の1日2回、次のような方法で使うことをお勧めします。

 

@シャンプーで頭皮の毛穴に詰まった汚れをきれいに取り除く(特にすすぎは入念に)。
A髪をしっかりとタオルドライする。
Bタオルでしっかり水分を取り除いたら、薄毛の気になる部分に5〜10プッシュフィンジアを塗布する。
Cまんべんなくマッサージするようにもみこみ、5〜10分ほどマッサージをする。
 この時爪を立てないようにし、指の腹で行うのがポイント。

 

たったこれだけです。
育毛剤は基本的に朝晩の1日2回使用するものですから、よくあるパターンと言えます。
朝はなかなか忙しくて時間が取れない!という人もいるかと思いますが、髪のためにほんの少し早起きをしてもらえればと思います。
十分な効果を実感したいのであれば、とにかく毎日継続することがとても重要です。

 

 

 

更新履歴